アトピーの年代別の症状

小さいころにアトピーだった子が大きくなると治ってしまったというのはよく聞くことです。

一般的にアトピーは、生後3〜6ヶ月から多く発症し、乳幼児、小・中学生までみられることが多いのですが、ここではアトピーの年代別の症状を簡単に説明します。

乳児期のアトピーの症状

乳児では2ヶ月以上湿疹が続くとアトピーと診断されることもあるようですが、この時期に「あなたのお子様はアトピーですよ」なんていわれることはめったにありません。
(少なくても私の周りにはいなかった。)

もともと乳児は免疫力が弱いので、乳児性の湿疹(発疹)が出やすいんですね。

なので、「アトピーかどうかは経過をみないとわからない」となることが多いです。

私の子はアトピーかもって心配なさってる方は、大きくなって治ってしまうケースも多いのであまり心配せず、お医者さんの指示にしたがってやさしくケアしてあげましょう!

この時期のアトピー(のような)症状は

・顔(特にほほ)を中心に赤い斑点が出て、耳や首へと広がる
・かきむしると、じくじくした湿潤性の湿疹になる

という特徴があります。

幼児期のアトピーの症状

アトピー性皮膚炎の子どもは、白血球の一つであるリンパ球がたくさんみられる特徴があります。

そのため外からの敵(ホコリやダニ、食品、洗剤、建材、繊維などなど)に過剰に反応してアトピーの症状がでるんですね。

また、アトピー性皮膚炎の子どもは、皮膚の一番外側にある角質層に含まれるセラミドという脂質が少ないため、角質層の水分を保持する能力が低く、皮膚は乾燥しがち。

それも外部の刺激が簡単に皮膚の中に入りやすくなる原因なんですね。

この時期のアトピーの症状は

・顔に赤い斑点が出たり、消えたりする
・だんだん顔の症状は軽くなるが、今度は体の皮膚が乾燥しザラザラする
・耳たぶのところが、切れたりすることがある

という特徴があります。

小・中学校の時期のアトピーの症状

このころになると皮膚の抵抗力がついてくるので、90%程はアトピーは治るといわれています。

小さいころにアトピーがひどくても、大きくなったら治ってしまったというのをよく聞くのはこのためです。

小さいうちにアトピー(のような症状)は治してしまいましょうと、うちの娘はよくいわれたのですが皮膚の抵抗力がつくまでにきちんとケアすることが大事だからなんですね。

この時期のアトピーの症状は

・手足がザラザラする
・肘の内側、膝の裏側に湿疹ができる
・乾燥した皮膚に赤斑がでる

などの特徴があります。

青年期以降のアトピーの症状

青年期のアトピーの症状は、

・皮膚の乾燥が激しくなる
・皮膚がゴワゴワに厚くなる
・顔やからだが赤くなる
・首のまわりや関節部分などが黒ずむ

といった特徴があります。

青年期ですと皮膚の抵抗力がついているので、小さい時にアトピーだった人の90%程は治るといいます。

ただ逆に小さいころにはアトピーでなかった人が、大きくなってからアトピーになる場合もありるんですね。

しかも、大きくなって90%の人が治るといっても、アルルギー体質そのものは変わっていないのでアレルギー性鼻炎や気管支炎などのアレルギー症状となって現れる場合もあります。

結局は、規則正しい生活、自分にあった生活用品を使うなどして、体質改善を心がけることが大事なんですね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。