竹酢液配合の水溶性クリーム『ミナーズクリーム』

お試し用でも紹介した手湿疹を悪化させる菌を除去する竹酢液配合のクリーム!

まずはお試し用を試してみて!お試し用はこちら!

お試し用には『APCクリーム(10g×2本)』と『ミナーズクリーム』の2種類あるので自分にあう方を選ぼう!(『APCクリーム(10g×2本)』はこちら!

手湿疹は集中的に治さないとズルズル長引いて悪化することもあるんです。

病院でもらった薬・ステロイドでもなかなか治らないのが現状。

竹酢液は手湿疹を悪化させる菌を除去します。
天然の成分なのでアトピーや手湿疹などのお肌にもやさしい!

しかも竹酢液は最近アトピー治療でも注目されてるんだって!

サクッと不愉快な手湿疹とオサラバしましょう。
竹酢液配合の水溶性クリーム『ミナーズクリーム』はこちら↓↓↓

ミナーズクリーム【atopi−care】


※(手湿疹について詳しく知りたい方はこちら⇒手湿疹事典

『APCクリーム(10g×2本)』

お試し用でも紹介した手湿疹を悪化させる菌を除去する竹酢液配合のクリーム!

手湿疹は集中的に治さないとズルズル長引いて悪化することもあるんです。

病院でもらった薬・ステロイドでもなかなか治らないのが現状。

竹酢液は手湿疹を悪化させる菌を除去します。
天然の成分なのでアトピーや手湿疹などのお肌にもやさしい!

竹酢液の有効成分をギュっと閉じ込めたTP竹酢液配合
本当につらくて、スーパーのレジで手を出すのもつらくなり、藁をもすがる思いで使ったあるお店の竹酢液クリーム。ちょうどそのころある竹酢液の製造元の方から化粧品原料としても使われている美容用で直接お肌にも使える竹酢液があると教えていただいたのです。

竹酢液とは
孟宗竹を燻して竹炭を作る過程で燻化する際に出る煙に含まれる液体成分を精製したものです。竹酢液の中には酢酸・フェノール・ポリフェノールをはじめとする200種類以上の有機成分が含まれています。

使い方
適量を手に取り、マッサージをするように手に馴染ませてください。また、手を洗うたびにハンドクリームのようにお使いいただくことをおすすめします。水仕事などの後にもおすすめです。
お体等の場合ですと、入浴後などできるだけ清潔な状態でお使いいただくようにおすすめしています。
手につける場合、べたつきが気になる方もいらっしゃいますが、よくすり込むと時間が経過すると浸透しそれほど気にならなくなります。それでも気になる場合には、かるくティッシュで抑えてください。
特に気になる部分には、のせるようにつけていただき絆創膏や綿の手袋ろなどで密閉されることをおすすめします。
医薬品ではありませんので、必ず目立たない箇所でお試しになり最低3日〜5日は継続してお使いください。

保存方法
天然由来成分を使用しているため、開封後長期間暖かい部屋で放置されますと竹酢液が溶け出すことがございますが、品質上もまったく問題ありません。ただし、こちらの商品は常用されるかたがまとめ買いされることが非常におおいため、未使用のものをストックされる場合や、開封後で滅多にご使用にならない場合はできれば冷蔵庫で保管していただくようおすすめいたします。

全成分
グリセリン・ミリスチン酸イソプロピル・ジメチコン・ミネラルオイル・水・竹酢液・セタノール・スクワラン・ホホバ油・甘草エキス・ヒアルロン酸Na・シソエキス・クオタニウム-73・ステアルトリモニウムクロリド・ステアラルコニウムクロリド・BG・ペンチレングリコール・フェノキシエタノール


手湿疹など手が荒れて困っている人のためのクリーム
『APCクリーム(10g×2本)』はこちら↓↓↓

APCクリーム(10g×2本)【atopi−care】

■商品名 APCクリーム(10g×2本)
■販売価格 1,050円(税込)


ご注文はこちらから!



※まだ使ったことのない人はお試し用もあるので一度試してみたらどうでしょうか。
 お試し用はこちら!

※もしこちらがお肌にあわないようなら
 竹酢液配合の水溶性クリーム『ミナーズクリーム』をどうぞ!
 『ミナーズクリーム』はこちら!

※(手湿疹について詳しく知りたい方はこちら⇒手湿疹事典

手湿疹用 お試しセットD

手湿疹つらいですよね。
ひどい場合手が自由に使えないくらいで、いっつも手袋して素手で物をさわるのがこわくなります。

アトピー肌の主婦の人は手湿疹になりやすいっていうし、しかもすぐにはよくならない。
地道なケアが必要になります。

今回紹介するのは手湿疹用のお試しセットです。

手湿疹を悪化させる菌を除去する竹酢液配合!

「竹酢液」とは宗竹を燻して竹炭を作る過程で燻化する際に出る煙に含まれる液体成分を精製したものです。いわば「竹の成分」が凝縮された竹エキスです。竹酢液の中には酢酸・フェノール・ポリフェノールをはじめとする200種類以上の有機成分が含まれています。

天然竹酢液には、かゆみを抑える抗ヒスタミン効果の知られているポリフェノール類が大量に含まれ、また殺菌効果に優れる酢酸、プロピオン酸の有機酸類も含まれているので2次感染の防止にも有効であるとされており近年注目されています。

福岡県立花町の第3セクター「立花バンブー株式会社」が、この有害物質を除去、有効成分のみを取り出す技術開発に成功し、日本で唯一厚生労働省の化粧品製造承認を受けました。その竹酢液が「TP竹エキス」で、化粧品原料として規制されている有害物質の除去に日本で初めて成功しています。

今回は竹酢液配合の油性クリーム水溶性クリームをセットで
お値段はなんと1,050円!(テレビショッピングみたい?)

アトピーや手湿疹で悩んでいる方は一度試してみては?
詳しい内容はこちら↓↓↓

お試しセットD(手湿疹用)【atopi−care】

■商品名 お試しセットD(手湿疹用)
■販売価格 1,050円(税込)


ご注文はこちらから!


●APCクリーム:10g

<全成分>
グリセリン・ミリスチン酸イソプロピル・ジメチコン・ミネラルオイル・水・竹酢液・セタノール・スクワラン・ホホバ油・甘草エキス・ヒアルロン酸Na・シソエキス・クオタニウム-73・ステアルトリモニウムクロリド・ステアラルコニウムクロリド・BG・ペンチレングリコール・フェノキシエタノール

<使い方>
手につける場合、べたつきが気になる方もいらっしゃいますが、よくすり込むと時間が経過すると浸透しそれほど気にならなくなります。それでも気になる場合には、かるくティッシュで抑えてください。特に気になる部分には、のせるようにつけていただき絆創膏や綿の手袋ろなどで密閉されることをおすすめします。必ず目立たない箇所でお試しになり最低3日〜5日は継続してお使いください。

<保存方法>
天然由来成分を使用しているため、開封後長期間暖かい部屋で放置されますと竹酢液が溶け出すことがございますが、品質上もまったく問題ありません。ただし、こちらの商品は常用されるかたがまとめ買いされることが非常におおいため、未使用のものをストックされる場合や、開封後で滅多にご使用にならない場合はできれば冷蔵庫で保管していただくようおすすめいたします。


●APCミルクローション:10ml

<全成分>
水・グリセリン・竹酢液・BG・ペンチレングリコール・水酸化レシチン・スクワラン・ホホバ油・甘草エキス・グリチルリチン酸2K・クオタニウム-73・シソエキス・ヒアルロン酸Na・ポリクオタニウム-51・ベヘニルアルコール・トリ(カプリル/カプリン酸)グリセリル・(アクリル酸/アクリル酸アルキル(C10-30))コポリマー・水酸化K・フェノキシエタノール


油性クリーム『APCクリーム(10g×2本)』はこちら!
水溶性クリーム『ミナーズクリーム』はこちら!

※(手湿疹について詳しく知りたい方はこちら⇒手湿疹事典

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。