アレルギー・アトピーの由来・語源

アレルギーとは



アレルギーとはある特定の物質や条件に対し、過敏な反応を示すこと。

アトピーもアレルギーの1種ですね。

このアレルギーの語源は、ギリシア語のal-ergosから来ているそうです。

al-はnon-、「非」という意味。
ergoは「作用、活動、反応」の意味。

ということでアレルギーは「普通じゃない反応」という感じの意味になるんですね。

アレルギーという言葉は、20世紀の初め、オーストリアの医師クレメンス・フライハー・フォン・ピルケが作ったそうです。

ちなみに中国語だとアレルギー反応のことを「変態反応」というらしい。
なんだかちょっとやな響きですね。

アトピーとは



アトピーというのはアレルギーと同じくギリシア語のa-toposが語源です。

a-はアレルギーのalと同じように「非」という意味。
toposは「場所」。

「非場所」?

これだと意味がわからないですが、

想像するに「(普通の)場所でない」→「場違い」→「変わった病気」という感じでしょうか。

ちょっと気分悪いですね。

アトピー性皮膚炎」という病名は、1928年アメリカ人医師“ザルツバーガー”が命名したそうです。

ちなみにこのサイトの管理者としてのハンドルネームのアトピアは
アトピーの語源でもあるa-toposのもとになった
同じギリシャ語のatopia(奇妙な、場違いな)から来ています。

場違いにならないように気をつけますね(^^)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。