アトピー性皮膚炎の症状

乳児期に顔面を中心に起こりやすくなります。

幼児期になると、だんだん体や手足のほうが目立つようになり始めます。

幼児期以降では、皮膚が擦れ合う部分や首の周り、ヒジ・ヒザなどの関節の屈曲面で特に強い症状がでます。

また、夏には症状が軽くなり、冬に悪化するパターンも多く見られるようです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。