アトピー性皮膚炎の特徴

アトピー性皮膚炎はドライスキン(乾燥皮膚)の上に湿疹が起こるのが特徴。

このドライスキンは、角質(皮膚の一番表面)の中にある「セラミド」(水分保持をしています)が少ないタイプの肌です。

セラミドとは人の肌表面で外界からのバリアとなっている角質層の重要成分のこと。

セラミドは角質層の全脂質の40〜65%を占めています。
セラミドは水に対して不溶性(溶けない)であり、水分の保持と肌バリアのためのものなんですね。

アトピー性皮膚炎にかかると「セラミド」が減少し、発症や悪化の因子となります。
また、かゆみが激しく、慢性的であることも大きな特徴なんですね。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。