こすり過ぎ・洗い過ぎに注意!

●こすり過ぎ 

まずこすり過ぎですが、スキンケアで一番やっかいなのはこすり過ぎです。

かゆい部分をかく「こすり過ぎ」はもちろんですが、普通の人が日常的に行っているタオルやスポンジでこすったりすることも、アトピーなどのお肌の弱い方にとってはこすり過ぎになりますので特に注意です。


●洗い過ぎ

次に洗い過ぎですが、今の人朝シャン(古い?)に限らず、毎日入浴しますよね。

もちろんアトピー性皮膚炎では皮膚を清潔に保つは大事なことなんですが、洗い過ぎると元々少ない皮脂がさらに減って皮膚への刺激を強く受けやすくなります。

このため、場合によっては入浴回数を減ら、シャンプー・石けんの利用をできるだけ減らすことが大事です。

ただ「お風呂に入らないなんて」という人もいますし、やっぱり清潔にしていたいですよね。だからこそ洗浄力が強すぎず、刺激性が水に近くて、使用感(泡立ちなど)も良いシャンプーや入浴剤が必要なんですね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。