アトピーとヒアルロン酸

アトピー、乾燥肌とヒアルロン酸はとても大きな関係があります。

人の肌は表面から中に向かって、表皮・真皮・皮下細胞の順番で構成されています。
そのなかでも真皮に特に多くのヒアルロン酸が含まれています。

ヒアルロン酸はたった1gで6リットルの水分を保持できるといわれています。

真皮でのヒアルロン酸が減少すると、肌の張りがなく皮膚の表面も乾燥して、アトピーの悪化や乾燥肌、しわ、シミの原因になります。

また年齢を重ねるごとに肌荒れや乾燥肌がおこりやすいのは、加齢とともにヒアルロン酸が減少するためです。

ヒアルロン酸を使った化粧品やサプリメントなどがアトピーや乾燥肌に効果があるといわれるのはそのためです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。